太陽光導入のメリット

株式会社Everyone(エヴリワン)が秋田・山形県民の皆さまに、太陽光発電の導入をお勧めするのには3つの理由があります。

1.新型コロナウイルスによる感染リスクに備えて頂きたい。
2.世界的な大不況による、経済悪化に対する備えをして頂きたい。
3.地震・台風など、頻発する自然災害への対策として備えて頂きたい。

1.新型コロナウイルスによる感染リスクへの備え

2020年、中国武漢発祥の新型コロナウイルスは、世界中の人々の生活習慣や行動習慣を激変させました。

秋田県での感染確認は他県に比べればごく僅かですが、その不気味な脅威は皆様もお感じになっていることと思います。

新しい生活習慣にマッチした節約術

太陽光発電の導入が、なぜ感染症リスクへの備えとなるかというと、家にいる時間が長くなり、在宅ワークが進めば電気代があがるからです。また、今後の状況次第では、電力不足により、十分な供給ができないことさえ考えられます。

国内のエネルギー自給率を高め、社会貢献

日本は世界4位のエネルギー消費国ですが、国内のエネルギー自給率はたったの8%しかありません。

エネルギーのほとんどを外国からの輸入に頼っている現状です。最悪の場合、感染症拡大により経済活動が停滞すると、諸外国も自国内の供給で手いっぱいになり、輸入できなくなることも考えられるのです。

太陽光発電は無尽蔵の太陽光エネルギーを使って発電を行いますので、普及していけばそれだけで国内のエネルギー自給率は高めることができるでしょう。

2.世界的な大不況による、経済悪化に対する備え

新型コロナウイルスを発端とした、世界的なパンデミックは、世界中の経済を停滞させ、その影響は1929年の世界大恐慌を上回る規模となりました。

日本も例外ではなく、消費活動は当面の間、収縮するだろうとするエコノミストが大半です。

太陽光発電の節約効果

家で発電した電気は自家消費後、余った電気を電力会社に売ることができます。

ただし、固定価格買取制度による売電単価は下がっていますから大きな期待はできません。

むしろ、年々上昇し続ける電気料金(10年で約16~20%)を払い続けることを考えると、自家発電は相当な節約になります。

弊社の試算では、年間25万円、40年で1千万円の効果はあると見込んでいます。

3.地震・台風など自然災害対策

以前なら台風が東北地方に直撃する機会は多くありませんでしたが、今後は海水温の上昇により、東北から北海道まで頻繁に到達すると考えられています。

太陽光発電の導入を強くお勧めするのは、節約の為でだけではなく、いざという時、家計も家族の命も救える可能性があるからです。

非常時への備え

万が一、停電などにより電力会社から電力が供給されない場合であってもパワーコンディショナの自立運転機能により専用コンセントを用いて電気製品を使うことが可能になります。

さらに蓄電池や電気自動車があれば、太陽光発電で創った電気をため、夜間に使用することも可能です。

その為、Everyone(エヴリワン)では、太陽光発電システムと蓄電システムの併用をお勧めしております。